お中元・お歳暮・贈り物に予算別カタログギフト

 カタログギフトのしくみ
 注文のしかた
 よくある質問

内祝い
 結婚引き出物・内祝い
 出産内祝い
 快気祝い
 内祝い・お返し各種

暮らしの中のおつきあい
 お中元・お歳暮
 ゴルフコンペ景品
 香典返し

人生の祝い事
 出産祝い
 新築祝い

 のし・包装紙
 定形挨拶状
 オリジナルメッセージ
 無料資料請求
 相互リンク
 かんたん相互リンク
 サイトマップ

総合コース
 2500円コース
 3000円コース
 3500円コース
 4000円コース
 4500円コース
 5500円コース
 6500円コース
 7500円コース
 8500円コース
 10500円コース
 12500円コース
 15500円コース
 20500円コース
 25500円コース
 30500円コース
 50500円コース

グルメコース
 2500円コース
 3000円コース
 3500円コース
 4000円コース
 4500円コース
 5500円コース
 6500円コース
 7500円コース
 8500円コース
 10500円コース
 12500円コース
 15500円コース
 20500円コース
 25500円コース
 30500円コース
 50500円コース

新築祝い

にカタログギフトをどうぞ!

新築にかかわる行事

家を建てる場合、地鎮祭、上棟式、新築披露の三つが建築主として行うお祝いの行事です。
 地鎮祭は着工時に、土地の神を鎮めるために、土地の神主にお祓いをしてもらい、工事の無事を祈るものです。
神主には神饌料を渡し、終わったあと神主や参列者に軽食をふるまいます。
 上棟式は家の土台ができ、柱や梁を組み立て、屋根を上げるときに、吉日を選んで行います。「建前」「棟上げ」とも言われます。現場で簡単な宴会をしますが、最近は乾杯だけで、料理やお酒は持ち帰ることが多いようです。上棟式では、関係者にご祝儀を配ることもあります。
方法やご祝儀などは地方によっても違いますので、あらかじめ工事責任者に相談しておくとよいでしょう。


新築祝いの贈り方

新居が完成し落ち着いたら、身内や友人・知人を招き、新居を披露します。新築祝い(新居祝い)はこの日に持参するか招待される前に贈ります。ただし、ストーブなど火に関するものはタブーです。
どんなものがいいかわからないときは、相手の希望や趣味を聞くか、現金や商品券などでもいいでしょう。最近はもらっても困ることのないカタログギフトが人気です。
新築祝いをいただいた側は、新居に招くことでお返しに代えます。招くことができなかった人へは、いただいたお祝いの品の三分の一から半額程度の品を「新築内祝い」としてお返しします。


新築祝いの相場

相手
金額の目安
新築祝いのお返し
10000〜50000円
新居に招いて披露する。またはいただいたものの三分の一から半額程度のものわ贈る。
親類
10000〜50000円
兄弟・姉妹
10000〜50000円
友人・知人
5000〜20000円
勤務先関係
5000〜30000円
隣・近所
5000〜10000円
 
              


ご希望で下のメッセージカード(カタログギフト代金に含む)をつけることもできます。

●新築祝いに

左のカードをご希望される方は、ご注文画面のあいさつ状種類にて「9.お祝いプレゼント」をお選び下さい。


●新築内祝いに

左のカードをご希望される方は、ご注文画面のあいさつ状種類にて「4.新築内祝」をお選び下さい。



ご希望によりのしをおつけします。(カタログギフト代金に含む) 主なのしの表書きはご注文画面にてにて選べます。



\5.460
\10.500
\21.420
\42.420


複数コースを一括申し込みの方はこちらが便利です。


カタログ一覧へ

マンションや中古住宅の場合でもお祝いは必要?

たとえ新しい家を建てた場合でなくても家を購入するのは人生の一大イベントです。
 マンションや中古住宅を買った場合でも、新築の場合と同様にお祝いをしてあげたいものです。その場合はのしの表書きを「新築祝い」ではなく、「ご新居祝い」とかただの「お祝い」とすればよいでしょう。
お祝いの品は新築祝いと同様です。あくまでも先方の好みに合ったもの、それが分からない時は現金や商品券、カタログギフトがよいでしょう。


新築祝いにル・クルーゼ